パソコン

ネットワークを利用して

nasと高速回線の敷設

オフィス

現代のネットワーク回線は非常に高速です。光ケーブルの敷設が進む以前は、ネットワーク回線のスピードが遅くユーザーにストレスを与えていました。そしてネットワーク回線のスピードの問題は、ユーザーに不満を与えるだけでなく技術の進化の妨げにもなっていたのです。ネットワーク回線を利用すればあらゆる場所からデータにアクセスできます。それを活用した新サービスは開発されていましたが、スピードのせいで利便性に問題があったのです。ネットワークを利用した記憶媒体のnasもその一つでした。しかし高速回線の敷設が進み停滞していた状況は一気に動き出したのです。記憶媒体の分野でも携行性に優れたハードディスクよりも、あらゆる場所からアクセスできるnasが注目されるようになりました。

製品の値下げは進行中

しかしnasにも欠点は存在しています。まず利用者にとって非常に大きな問題である価格面です。nasは様々なテクノロジーを内包して機器なので、開発や製造に必要な費用が高くなりました。従来のUSBケーブルで接続するハードディスクと比較すると、十倍以上の価格差が存在しています。しかし価格の問題については少しずつ解決が進んでいるのです。nasの利便性が認められた事で一般ユーザーもnasの製品を購入するようになりました。それが多くの企業をnasの製造開発に参入させる事になり価格競争が激化したのです。データセンターがnasの管理サービスを実施するようになった点も無関係ではありません。販売サービスは新サービスに打ち勝つため製品の価格を見直しました。