パソコン

様々な場所からアクセス

記憶媒体の運用方法

オフィス

ハードディスクが優れている点は情報が気軽に保存できる点です。そして携帯性の優れた外付けハードディスクは、情報の持ち運びが容易になるという利点が加わったのです。しかし優れた携帯性は同時にデメリットが存在しています。それは外付けハードディスクを紛失するリスクです。人間にミスは付き物であり外付けハードディスクをどこかに忘れるリスクは当然だと言えます。パスワードロックをかける手段もありますが破られないとは限りません。そこで登場したのがnasと呼ばれる機器です。nasはネットワークに接続する事で、世界のあらゆる場所からアクセスできます。よってネットワークが確保されている場所なら、記憶媒体を持ち歩く必要がありません。

防御が重要視されている

nasが登場した事によって外付けハードディスク以外にも、データを持ち運びできる手段が確立しました。今日における高速回線の敷設率は非常に高いので、あらゆる場所からnasにアクセスを行えるというのが実情です。しかし様々な情報が保存されるようになれば、それを狙ってアタックをする存在が登場します。そして攻撃が成功すれば社会問題にもなっている情報漏洩に至るのです。その事実はnasを利用する際のリスクとして多くの人に認知されています。しかしリスクが存在するにも関わらずnasの利用率は高まっているのです。理由はデータセンターがnasの管理サービスを提供するようになったからでした。十分なセキュリティ環境を確保できていれば、ユーザーは安心して利用するという反証です。